お酒の専門店ならではの豊富な品揃え!店舗からのお届けならビール1本から1時間枠で送料無料!

ロゴ


カテゴリーから商品を探す
  • ご注文関連や操作方法についてはお問合せフォームよりご連絡下さい。
  • ご注文専用フリーダイヤル 関東:0120-365-198(受付時間 9時〜21時30分) 関西:0120-365-396(受付時間 9時〜21時)

  • セール情報
  • 特集
  • キャンペーン
  • メルマガ
Twitterでつぶやく

日本酒サポーターの日本酒蔵巡り特集 第4弾 鯉川酒造株式会社「鯉川」

日本酒サポーターの日本酒蔵巡り特集 第4弾 鯉川酒造株式会社「鯉川」

蔵元紹介

“ぬる燗が絶品。地元米だけで 純米酒のみ醸造する蔵元目指して!” 鯉川酒造

日本百名山の鳥海山・月山と、日本海に囲まれた庄内平野に鯉川酒造はあります。

鯉川の名前の由来:信仰の山の一つ湯殿山は女山として知られ、山には男子禁制の子宝の湯があります。

女山⇒恋の山となり、恋の川から鯉川となりました。

水系は信仰の山月山の水です。水を司る農業神を司る月山神社としても有名です。

“創業から二百年以上を誇る名蔵”吉久保酒造

明治26年に庄内町の小出新田部落の阿部亀治翁が創選した亀の尾は、東日本の米のルーツ米として知られています。

★子孫:
食用米⇒こしひかりあきたこまちささにしきつや姫など
酒造好適米⇒五百万石美山錦出羽燦々など

亀の尾は昔の米なので、減農薬栽培もしくは無農薬栽培でしかつくることが出来ず、現代のリン酸系農薬に上手く対応できないことからも幻の米となっていました。

鯉川酒造では阿部亀治翁のひこ孫より譲り受けた、本物の亀の尾の種籾で当時の杜氏自ら復活栽培をはじめて、今日では、庄内町内で4町歩以上の契約栽培を行っています。

日本酒界の重鎮が、東北最後の指導蔵としてその教えを一心に受け、そしてついに燗酒にして酒が語りだすような鯉川のお酒を造り上げるに至りました。その美酒は平成20年秋の東北清酒鑑評会「純米酒の部」で亀の尾純米大吟醸が優等賞を受賞。

特に亀の尾で受賞できたことは業界初の快挙として注目され、大きな自信ともなりました。

  • 酒造りのこだわり
  • 蔵元探訪フォトギャラリー

ページTOPへ

鯉川酒造こだわりの酒一覧

一品 純米吟醸 備前雄町

「スローフードジャパン熱燗コンテスト2014」 「お値打ち燗酒」部門で見事に最高金賞受賞。

鯉川 純米 別嬪(べっぴん)(山形)

【容量】 1.8L
【日本酒度】 +6.5
【酸度】 1.5
【商品説明】 飲み飽きしない、ずっと飲み続けてもらえる酒。
  • 価格:2,106円(税込)
  • 詳しくはこちら
  • 「スローフードジャパン熱燗コンテスト2014」「お値打ち燗酒」部門で見事に最高金賞受賞。
  • 「スローフードジャパン熱燗コンテスト2014」「お値打ち燗酒」部門で見事に最高金賞受賞。
  • 「スローフードジャパン熱燗コンテスト2014」「お値打ち燗酒」部門で見事に最高金賞受賞。

鯉川酒造「鯉川」造り手が語る「酒造りのこだわり」蔵元探訪フォトギャラリー

日本酒蔵巡り特集TOPに戻る

えらぶ日本酒

ページTOPへ

特集一覧に戻る


未成年の飲酒は法律で禁止されています。飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。お酒は楽しく、ほどほどに。飲んだあとはリサイクル。

ページのトップへ

最新情報やお得情報を配信中!

専門ブランド 店舗情報

Copyright © KAKUYASU 2017. ALL Rights Reserved.