お酒の専門店ならではの豊富な品揃え!店舗からのお届けならビール1本から1時間枠で送料無料!

ロゴ


カテゴリーから商品を探す
  • ご注文関連や操作方法についてはお問合せフォームよりご連絡下さい。
  • ご注文専用フリーダイヤル 関東:0120-365-198(受付時間 9時〜21時30分) 関西:0120-365-396(受付時間 9時〜21時)

  • セール情報
  • 特集
  • キャンペーン
  • メルマガ
Twitterでつぶやく

NIKKA WHISKY

ニッカウヰスキー特集 「日本人に本物のウイスキーを。」ウイスキーに生涯を捧げた男、竹鶴政孝の物語

余市 宮城峡

竹鶴 政孝 ウイスキーにその生涯を捧げた男

第一章 修行時代

「ジャパニーズ・ウイスキーの父」と呼ばれ、サントリー創業者の鳥井信治郎とともに国産ウイスキー史に偉大な功績を残した竹鶴政孝は、1894年(明治27年)広島県竹原市で酒造業・製塩業を営む竹鶴敬次郎の三男として生まれました。

忠海中学(現広島県立忠海高等学校)の寮生となった政孝の後輩には池田勇人がおり、政孝の布団の上げ下ろし係でした。後に首相となった池田は、国際的なパーティーでも国産ウイスキーを使うように指示しました。二人の友情は池田が亡くなるまで続き、自伝で政孝は池田を「実に義理堅い男だった」と偲んでいます。

大阪高等工業学校(現大阪大学)醸造学科での講義を通して洋酒に興味を持った政孝は、1916年(大正5年)、当時洋酒メーカーのトップだった大阪の摂津酒造で卒業を待たずに働き始めます。

摂津酒造は1911年(明治44年)から模造ウイスキーを作りはじめ、当時は他社の商品の製造を請け負っていました。政孝は摂津酒造の洋酒製造部門において、鳥井商店(現サントリー)の「赤玉ポートワイン」製造を担当し、その徹底した殺菌技術によって職人としての評判を高めていきました。

ニッカの創業者 『竹鶴政孝』

幼少期。前列中央が政孝

留学中の竹鶴政孝

聖地スコットランドへ留学

1918年(大正7年)、欧米の模造品ではない純国産のウイスキーを作るため、摂津酒造社長・阿部喜兵衛の命を受けて政孝は24歳にして単身スコットランドに留学します。グラスゴー大学で有機化学と応用化学を学びますが、留学の目的であるウイスキー醸造に関する専門的な講座は無く、政孝は苦悩します。

実践を伴わないグラスゴーでの座学に焦燥感を募らせていたころ、ようやく政孝はスペイサイドロングモーン蒸留所から工場実習の許可を得ます。

ロングモーン蒸留所での技術習得を進めていく中で政孝は、『ウイスキーを決定するのは技術だけではなく、大麦、水などの自然であり、その自然を敬い酒を作り上げる人間の心、そして熟成させる時である』という生涯変わることの無いウイスキーへの思いを抱きます。

ページTOPへ

第二章 最愛の妻、リタとの出会い

1919年(大正8年)夏、政孝はグラスゴー大学で知り合った友人イザベラ・リリアン・カウンの末弟に柔道を教えるため、彼女の家を訪れます。そこで政孝は人生の伴侶となるジェシー・ロバータ・カウン(通称リタ)と出会います。

ピアノを弾くリタは政孝が持参した鼓を見て合奏を提案します。曲はスコットランド民謡の「オールド・ラング・サイン」でした。日本では別れの曲として「蛍の光」の名で広く知られているこの曲ですが、本国スコットランドでは旧友と再会し、思い出話をしつつ酒を酌み交わすという歌詞の曲です。スコットランドの国民的詩人ロバート・バーンズによるこの民謡を、二人は英語と日本語で何度も歌いました。

次第に惹かれあっていく二人でしたが、政孝には帰国しなければならない理由がありました。日本初の本格国産ウイスキーを作るという野望です。

思い悩んだ政孝はリタにこう切り出しました。「もしあなたが望まれるなら、日本に帰るのを断念して、この国に留まってもいいと考えています」

リタはこう答えます。「私たちはスコットランドに留まるべきではありません。マサタカさんは大きな夢に生きていらっしゃる。私もその夢を共に生き、お手伝いしたいのです。」

ジェシー・ロバータ・カウン(通称リタ)

竹鶴を「マッサン」と呼び、終生その夢を支え続けました。

竹鶴政孝 ジェシー・ロバータ・カウン

1920年(大正9年)1月8日、二人は周囲の反対を押し切り結婚します。登記所でたった2名の証人と登記官の前で宣誓するだけの寂しい結婚式でした。

ページTOPへ

第三章 帰国、そして国産第一号ウイスキーの完成

キャンベルタウンのヘーゼルバーン蒸留所での研修を終えた政孝は、1920年(大正9年)11月にリタを伴い帰国します。この時リタが知っている日本語は竹鶴の愛称「マッサン」だけでした。

希望を胸に帰国した政孝とリタでしたが、当時の日本は第一次世界大戦の戦後大恐慌の中にあり、念願だった摂津酒造での国産ウイスキー製造の夢は頓挫してしまいます。

1922年(大正11年)、摂津酒造を退社した政孝は、しばらく帝塚山(大阪市)の自宅近くの中学で化学教師をし、妻のリタは英語とピアノの教師をしながらの“浪人生活”を送ります。

山崎工場設立時代の政孝

そんな折、かつての鳥井商店・寿屋(現サントリー)が本格国産ウイスキーの製造に乗り出します。1923年(大正12年)、ウイスキー職人を探していた社長の鳥井信治郎により寿屋に招かれた政孝は、翌年大阪に日本発のモルトウイスキー蒸留所となる山崎蒸溜所を設立、工場長としてウイスキー作りに没頭して行きます。

1924年(大正13年)に完成した山崎蒸留所では早速原酒作りが開始されました。そして理想の熟成、ブレンドにこだわった政孝により1929年(昭和4年)、満を持して日本発の本格ウイスキー「サントリー白札」が発売されました。

リタのアイディアから生まれた「アップルワイン」

ニッカアップルワイン

更なる理想のウイスキーを求めて―”ニッカ”誕生

1934年(昭和9年)、40歳となった政孝は自身の理想とするウイスキーの追求のため、寿屋を退社しウイスキーの理想郷・スコットランドの気候によく似た北海道余市町に「大日本果汁株式会社」(現ニッカウヰスキー株式会社)を設立します。

翌年にはリタを呼び寄せ、二人の余市での生活が始まりました。リタは日本人・竹鶴リタとして積極的に言葉や料理を学び、政孝を支えました。

政孝は当初、ウイスキーが熟成を終え出荷できるようになるまで余市特産のリンゴを使ったジュースを製造・販売しましたが、甘味料たっぷりの炭酸飲料が人気であったこの時代、政孝の作る自然派ジュースは酸味が強すぎ、工場には返品の山ができました。

頭を抱えていた政孝に対してリタは、さりげなく故郷スコットランドの伝統料理であるリンゴジャム、リンゴソース、リンゴの発泡酒などの話をします。

リタの話からヒントを得た政孝は、アップルワイン、ゼリー、ケチャップなどを製造しました。

ニッカウヰスキーの第一歩

1940年(昭和15年)、ついに政孝は大日本果汁株式会社を略して「日果」、「ニッカ」として「ニッカウヰスキー」を販売します。原酒を贅沢に使い、重厚な味に仕上げた「ニッカウヰスキー」は、まさに政孝の夢への第一歩でした。

その直後日果の工場は海軍監督工場となり、終戦まで配給用のウイスキーを作ることになりました。戦争によって輸入ウイスキーが姿を消し、国産ウイスキーの需要が高まったことで政孝の夢は軌道に乗って行きました。しかし、心は日本人であっても姿は外国人のリタにとって、戦時中は辛く悲しい毎日でした。

政孝の夢を支えるため、故郷を捨て、誰よりも日本人らしくあろうと振舞うリタでしたが、「敵国人」として心無い人々から蔑まれる毎日を送ります。

「この鼻がもう少し低ければ、目も髪も日本人のように黒くなれば」ともらすリタに政孝は当時入手が困難だった洋書の数々を贈りました。「愛する妻リタへ」、「最愛の夫マッサン」とメッセージを添えて。

ニッカウヰスキーの第一歩

1945年(昭和20年)、終戦を迎えると他社が相次いで低価格、低品質の三級ウイスキーを販売しました。やむなく政孝も1950年(昭和25年)に「スペシャルブレンドウイスキー」を販売します。しかし原酒を当時の酒税法上の上限ぎりぎりの5%まで使い、合成色素では無い自社製のカラメルを添加するなど、あくまでも品質へのこだわりは捨てませんでした。

その後1952年(昭和27年)、社名を「ニッカウヰスキー」へと変更し、1954年(昭和29年)には朝日麦酒(現:アサヒグループホールディングス)グループ入りすることになりました。

ウイスキーをブレンドする政孝

1950年「スペシャルブレンドウイスキー(三級)」発売

ウイスキーブーム Whiskey boom

1956年(昭和31年)には寿屋の二級ウイスキー「トリスウイスキー」と同価格の「丸びんニッキー(二級)」や、「ブラックニッカ(特級)」を販売し、洋酒ブームの到来とともに再び事業は軌道に乗りました。

しかしそんな折、政孝をどんな時も支え続けたリタが病の末、帰らぬ人となります。1961年(昭和36年)の冬のことでした。

最愛の妻を失い、憔悴した政孝を再び奮い立たせたのは、やはりウイスキーでした。息子の威とともに貯蔵庫にこもりテイスティングを繰り返した政孝は、翌年高級ウイスキー「スーパーニッカ」を発表します。続いて二級の「ハイニッカ」を発売。どちらも評判がよく「ニッカ」は全国ブランドへと成長していきました。

1967年(昭和42年)、新工場建設の候補地見学のため宮城県を訪れた政孝は、思いつきからある川の水でウイスキーを割って飲みました。その味の良さに驚いた政孝は、新工場をこの地に設立することを即決。川の名前は偶然にも新川(ニッカワ)川でした。

1969年(昭和44年)、余市蒸溜所に続き宮城峡蒸溜所が完成しました。こうして北海道の余市、宮城県の宮城峡という異なる気候風土の中に二つの蒸留所を構えた政孝は、己の理想とするウイスキー作りに必要な環境を手に入れたのでした。

1956年「丸びんニッキー」発売

1956年「ブラックニッカ(特級)」発売

1962年「スーパーニッカ」発売

1964年「ハイニッカ(二級)」発売

晩年

晩年、入院生活の中でも政孝は絶対にウイスキーを手放しませんでした。最後の入院となった時も「医者はわしだけにはウイスキーを飲むことを認めてくれたぞ」とうれしそうに水割りを飲み続けたといいます。

ウイスキーに生涯を捧げた「マッサン」こと竹鶴政孝は、1979年(昭和54年)、愛する妻リタのもとへ旅立って行きました。二人が眠る墓には竹鶴リタ、竹鶴政孝の名が並び、「IN LOVING MEMORY RITA TAKETSURU」と刻まれています。

生涯をウイスキーに捧げた夫政孝と、その夢を支え続けた妻のリタが眠る墓は、今日も美園の丘から余市蒸溜所を見守っています。

余市蒸溜所を見守るリタと政孝の墓

関連リンク

Whisky/Brandy ウイスキー・ブランデー 魅惑の琥珀色、ウイスキー 誘惑の甘い香りブランデーを楽しむ

ページTOPへ

特集一覧に戻る


未成年の飲酒は法律で禁止されています。飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。お酒は楽しく、ほどほどに。飲んだあとはリサイクル。

ページのトップへ

最新情報やお得情報を配信中!

専門ブランド 店舗情報

Copyright © KAKUYASU 2017. ALL Rights Reserved.