お酒の専門店ならではの豊富な品揃え!店舗からのお届けならビール1本から1時間枠で送料無料!

ロゴ



カテゴリーから商品を探す
  • ご注文関連や操作方法についてはお問合せフォームよりご連絡下さい。
  • ご注文専用フリーダイヤル 関東:0120-365-198(受付時間 9時〜21時30分) 関西:0120-365-396(受付時間 9時〜21時)

  • セール情報
  • 特集
  • キャンペーン
  • メルマガ
Twitterでつぶやく

e-LOVE(えらぶ)日本酒 -日本酒の種類や合うおつまみ、ランキングなどをご紹介-

おすすめ日本酒

日本酒豆知識〜知るともっとお酒が楽しくなる!〜

  • 日本酒の愉しみ方
  • 日本酒の種類
  • ラベルからよみとる味や香りについて
  • 日本酒に合う料理
  • 製造工程
  • 日本酒Q&A

日本酒の愉しみ方

日本酒の飲み頃

日本酒は他のお酒と比べて幅広い温度を楽しめるお酒です。日本酒の種類によって適温は違いますが、1本で色々な温度を試すことができるのも日本酒の醍醐味です。自分の好みの温度帯を探してみては如何ですか?

日本酒の飲み頃

熱燗(50-60℃):キレのよい辛口になりシャープ香りになります。
上燗(45-50℃):味が引き締まり豊かな香りを感じます。
ぬる燗(30-40℃):燗は人肌と言われるように低めの温度でやさしくなじみます。

涼冷え(常温)(15-20℃):種類にもよるがバランスが良い

花冷え(10℃):吟醸酒系の香りを愉しむには一番最適な温度。すっきり華やか。
雪冷え(5℃):ドライな味わい。旨みが少なく感じることも。
極冷酒(5℃以下):キリッとしたみぞれ酒。

おいしい燗の作り方

燗酒は蔵人のおすすめの飲み方で、多くの蔵人達も燗酒を愉しんでいるという。
穏やかな飲み口で、飲みすぎず、食事との相性もよし。そんな燗酒のおいしい作り方をご紹介いたします。

用意するもの・・・鍋・徳利・コンロ
(1)鍋に使用する徳利の肩にかぶるくらいの水を入れる。
(2)酒を入れた徳利を鍋に入れる。
(3)火をかけてじわじわと温める。徳利の底を触って熱いと感じるくらいがぬる燗の温度。

※熱燗のウンチク
・熱燗でも55℃以上はお酒によってアルコールがとんでしまったり、ツンツンするお酒がありますので、要注意。
・『粗めの純米酒は上燗、熟成タイプはぬる燗』。また『酸度が高めはぬる燗、低めは上燗』と大別される。
・燗冷まし・・・一度50℃くらいに温めて、冷まして飲む飲み方。日本酒によって香りやキレが増加するものも。

日本酒カクテル

みぞれ酒
ゆっくりと時間をかけて静かに冷やす(-12℃:過冷却状態)グラスに注いだ衝撃でシャーベット状になります。

サムライロック
氷を入れたグラスにカットライムを搾り入れ、その上から日本酒を注ぐ。柑橘系と日本酒の相性抜群。

サケティーニ
ドライジンと日本酒をステアしてカクテルグラスに注ぐ。オリーブを入れて出来上がり。

清流
日本酒にブルキュラソー・レモンジュース・ライムジュースを加えてシェイク。グラスに注いでレモンスライスを添えて出来あがり。

季節のお酒

春
桃花酒・・・3/3に桃の花を刻んで日本酒に浮かべたもの。邪気を祓い、健康を祈って飲むお酒です。
花見酒・・・桜を目で見て、お酒を味わう。昔からのお酒の愉しみかた。
菖蒲酒・・・5/5に桃花酒と同様、菖蒲の花びらを日本酒に浮かべたもの。邪気を祓い、健康を祈って飲むお酒です。
夏
夏の生酒・・・冬に搾られたお酒を火入れをせずに、低温熟成させ夏場に出荷するお酒。
夏越のお酒・・・夏を越すお酒。「夏越の祓」で邪神を払う神事でみそぎ酒のこと。
秋
日本酒の日・・・10/1酒の起源は「酉」。「酉」は十二支の10番目という事で10/1が日本酒の日と制定されました。
ひやおろし、秋上がり・・・冬季に醸造した後に、春・夏の間涼しい酒蔵で貯蔵・熟成させ、気温の下がる秋に瓶詰めし出荷された清酒。酒質は穏やかで、滑らかな口当たり。
月見酒・・・古くからあるお酒の嗜み。秋の夜長に月を鑑賞しながら、和歌よみながら日本酒を頂く風情な飲み方。
冬
初しぼり・・・秋に獲れた新米で仕込まれた新酒。しぼりたてということもあり、火入れをしない生酒が多い。
雪見酒・・・古くから伝わる雪を見ながらお酒を飲む風習。
ひれ酒・・・しっかり焼いたふぐのヒレを熱燗に入れて、ヒレ特有の味わいを愉しむ飲み方です。

えらぶ日本酒TOPへ

ページTOPへ

e-LOVE(えらぶ)シリーズ一覧に戻る


未成年の飲酒は法律で禁止されています。飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。お酒は楽しく、ほどほどに。飲んだあとはリサイクル。

ページのトップへ

最新情報やお得情報を配信中!

専門ブランド 店舗情報

Copyright © KAKUYASU 2017. ALL Rights Reserved.